LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

近くのカフェをグーグルマップで検索

飲食店など店舗型のビジネスは必ず登録しておくべき、Googleマイビジネス。

後ほど解説しますが、店舗の集客にプラスの効果をもたらす無料サービスです。

 

この記事では無料のGoogleマイビジネスがなぜ飲食店の集客に使えるのか。

また、ライバル店とちょっと差がつく登録方法のコツも解説します。

集客に役立つGoogleマイビジネスとは

Googleマイビジネス

何か分からないことを調べるときに使う、Google検索。

みなさんも普段よく使っているかもしれませんね。

 

では無料で使える「Googleマイビジネス」はご存じですか?

自店の住所や電話番号や営業日時などの情報を登録できる、無料ツール。

元々はGoogleプレイスと、Google+ローカルページという2つのサービスが2014年に統合されたものです。

 

登録した情報はグーグル検索やグーグルマップで検索した時に表示されます。

営業時間や電話番号やルートの情報を Google 検索時や Google マップに掲載されるだけではありません。

最近ではグーグルマップから口コミが投稿されることも多く、集客への影響度合いも大きくなってきています。

 

しかも最近、シンプルなウェブサイトを無料で作れる機能も追加されました。

自社サイトを持っていない飲食店はこの無料サイトが作成できるだけでも、Googleマイビジネスに登録するメリットがあると言えます。

Googleマイビジネスが集客にプラスに働く理由

Googleマップの検索結果画面

前述したようにGoogleマイビジネスに登録しておくと、「池袋 カフェ」のように検索結果画面に表示されるようになります。

また、Google マップはGPSで自分の現在地を把握して検索してくれます。

 

女性サラリーマン

近くにカフェないかな

 

と思い、Googleマップで「カフェ」と一言で検索すると、現在地に近いカフェをこのように一覧で出してくれます。「今行きたい」そんな強い需要が生まれている瞬間に、自分の店舗が発見される価値は大きいですよね。

さらに現在地からの距離だけでなく、口コミも商品・店内画像も見れます。

そのまま空席状況や予約のために電話をかけることも出来ますし、リストに保存することも、なんと混雑時間帯まで可視化されます。これはGPSで顧客の動きを追っており、お店の場所で一定時間止まっている(入店している)人数の計測データを参考にしているものと思われます。

これだけの情報が揃えば、この店に行くべきかどうかすぐに判断できるほどの便利なツールです。

特に集客にプラスに働く業種とは

初めて降りる駅でカフェがないかスマホで検索する男性

特にGoogleマップ上からの集客に有利に働く業態は、カフェや低単価の居酒屋など目的性と客単価が低い業態

カレーやラーメンなどの日常食業態も相性が良いでしょう。

 

これはユーザーの検索シーンを想像してみると分かります。

高級寿司店や割烹店、もしくはうなぎ専門店やフレンチなどに行こうとなった時に、スマホでとっさに近くの店を検索して飛び込みで入店する・・・そんな状況はそうそうありません。

 

高単価の業態であれば、いつどこに行くのかあらかじめ決まっていることがほとんどですよね。

 

逆に低単価や目的性が低い業態は、その時その場で生まれる軽い動機から来店してくれます。

 

課長っぽいサラリーマン

ちょっと腹減ったな…近くにササッと食べれるとこないだろうか

メガネをかけたサラリーマン

外回りで疲れたし、どこかで休憩しよう

 

特に、自店が客単価が低い・目的性が低い飲食店であれば効果は見込みやすいのでぜひ活用ください。

カフェ・喫茶店・カレー・ラーメン・そば・うどんや低価格の居酒屋などが当てはまりやすいと言えます。

 

それでは実際の登録方法と、活用のコツについて解説します。

Googleマイビジネスの登録方法

Googleマイビジネスの登録・利用には、Googleアカウントを取得しておく必要があります。
※まだお持ちでない方はこちらから新規作成後、マイビジネスの登録へ。 

 

登録には3ステップが必要。

1、マイビジネスページよりお店を登録

2、Googleによるオーナー確認の連絡が入る

3、確認コードの入力&Googleマイビジネスを活用

Googleマイビジネスはこちらです。

 

1つずつ確認していきます。

1、マイビジネスページよりお店を登録

Googleマイビジネスのトップページ(こちら)にアクセスし、[使ってみる]をクリック。

お店の情報を入力します。

マイビジネス

マイビジネス登録画面

2、Googleによるオーナー確認の連絡が入る

オーナー確認

情報を登録すると、次画面で「オーナー確認」手法が提示されます。

(Googleはオーナー確認を行うことで、なりすましなどではない正確な情報を集めています)

 

表示されているものの中から、希望する方法を選びます。

オーナー確認の方法は「ハガキ」「電話」「メール」があります。

電話とメールは一部のビジネスのみで利用可能なため、表示されない場合もあります。

 

ハガキだと書類が届くまで 1~2 週間かかることも。

電話が選べる場合は、早く手続きできるためこちらがおすすめです。

3、確認コードの入力&Googleマイビジネスを活用

Googleマイビジネスにログインし、確認コードを入力。

確認コードは、届いたハガキに記載してあります。

確認方法で電話を選んだ場合、自動音声電話がかかってきて確認コードを知ることができます。

 

確認コードの入力で、オーナー確認は終了。

それ以降はビジネス情報の編集や口コミへの返信、写真の追加が可能になります。

ライバル店に差をつける、ちょっとした登録のコツ

スマホで検索したカフェでゆっくりする女性

店舗の説明については検索してもらいたい地名(エリア名)と業態の種類は入れておくようにしておきましょう。

 

簡単な例を上げます。

 

「パンケーキが美味しい豊島区の喫茶店」ではなく、「パンケーキが美味しい池袋のカフェ」のように記載した方がより集客の可能性が高まります。それはなぜでしょうか?

 

マイビジネスに登録している情報が、Googleの検索結果にも影響することがその理由です。

 

「豊島区」と幅広く探している人よりも「池袋」のとキーワードを入れて検索している人の方が、より地域を絞っている分検索して来店してくれる可能性が高いと思いませんか?

また、「喫茶店」よりも「カフェ」と検索する人の数が多いのもまた別の理由のひとつです。

 

集客の効果を高める一例として、ご参考ください。

参照:https://www.google.co.jp/intl/ja/business/

年間300件超、累計6500件以上の飲食店開業をサポートしてきた株式会社M&Aオークションの専門家集団。個人店から大手チェーンまでさまざまな業態・立地の飲食店の開業コンサルティングを行ってきたノウハウをブログで発信します。
LINEで送る
Pocket