内装工事

3ヶ月前~2ヶ月前

内装工事のステップ

 一般的に、店舗作りには、大まかに、デザイン、設計・監理、施工と3段階があり、施工には、A工事(建物本体の工事)、B工事(電気・給排水・給排気・防災・空調設備等の工事)、C工事(内装・什器・設備・照明・通信・看板等の工事)の3行程があります。
また、各段階ごとにそれぞれ異なる業者に依頼する設計施工分離発注方式と、同一の業者に依頼する設計施工一括発注方式の二種類があります。

理想的には設計・施工分離発注方式で、それぞれの行程でかかる費用を明確にすることが望ましいですが、専門的な知識を有する上、各工程での調整業務が発生するなど煩わしい面があります。
一方、設計・施工一括発注方式の場合、自分でコーディネートする手間は省けますが、自社で設計部門と施工部門を抱えていない業者だと、工事の部分を下請けの業者に流すなど、中間マージンが余計にかかるリスクがあります。自社で設計部門と施工部門を抱えている業者であれば、中間マージンも省ける上に、コーディネートも円滑になる特徴がありますが、費用がグレーになりやすいので注意が必要です。

店舗デザイン・内装の検討に使えるツール(無料)

100万円得するデザイン・内装会社の選び方を無料セミナーで学ぶ

250以上の施工事例から「成功する店舗づくり」のパートナー(内装会社)を選ぶ

この項目に関連したページ

ページの先頭へ