私の店(居酒屋)が失敗した、たったひとつの理由

飲食店開業を志すみなさま、はじめまして!
恵比寿で和食居酒屋を7年経営していた高橋と申します。

「していた」という過去系から察していただいた通り、自分のお店は残念ながら閉店済みです。

当コラムのテーマはズバリ、

「俺(の店)みたいになるな」

このコラムはいわば、これから飲食店を開業される方へのプレゼント。
私の実体験をある種、みなさまの店舗成功への踏み台にしていただくためのもの。

開業~閉店まで、恥も外聞もかなぐり捨ててすべて晒す、リアルな開業(と閉店)コラムをお届けします。

こうはなりたくない!』と強く思いながら読んでみてやって下さい。

私の犯したミスを事前に知っておけば同じような失敗を避けられ、あなたのお店の成功確率を大きく跳ね上げます

とは言え、私も何も考えずに失敗し続けたわけではありません。
頭から煙が出るほど悩み、学び、頑張った末に!

それでもうまくいかないこともあって、閉店にいたっているわけです。この「失敗学」をぜひお役立てください。

最初のこの記事では私の簡単なプロフィールと、店舗経営に失敗した「たったひとつの理由」についてお伝えしていきます。

元居酒屋店主プロフィール

【名前】高橋 泰之
【生年月日】1979年8月生まれ
【経歴】
・20歳 カッコ良さそうなのでバーテンダー
・23歳 いろんな飲食店をバイトで働いてみる
・29歳 店長やりたくて社員になる
・30歳 独立して恵比寿で店開く
・35歳 店をやりながらコンサルタント始める
・38歳 店を閉めてサラリーマンになる

30歳で居酒屋を開業

ご覧の通り、今の会社『(株)M&Aオークション』に入るまで飲食業界にどっぷり。

ちなみに自分で店をやることを志したのは22歳。
そこからコツコツ貯金を始めて、30歳までには独立しようと志していました。

目標通り30歳で、居酒屋『Wafu Dining Bar 欒 -LAN-』を開業

恵比寿の西口から徒歩1分、ビル5階。
本格和食と銘酒を楽しむ、大人のための隠れ家です。

落ち着いた雰囲気を好む常連さんと、上質を求める接待シーンで利用される方々が多いお店でした。

独立開業は想定外の連続

開業まではもちろん、開業した後も想定外のことばかり

・そもそも開業したい物件が見つからない
1~2ヶ月で物件は見つかると思ってたのに、半年近く経過。

・退職⇒開業に時間がかかったため、半年間無職
甘い見通しで仕事辞めたせいで、半年間はただの暇人に。

・手続きの知識不足でてんやわんや
ようやく物件が決まったと思ったら、物件契約・融資・役所への申請など、思っていた以上の手続きが押し寄せてきた。

・想定よりお金がかかった
何とか開店にこぎつけるも、想定より200万近くも出費がかさんでしまう。

・お客さんが来ない
開店前に想定していた半分くらいしかお客さんが来なず。この先やっていけるのか青ざめる。

・2ヵ月以上も開店休業状態
開店から半年で東北大震災が起こり、予約は全部白紙!2ヵ月以上も開店休業状態。

・閉店しようにも閉店方法がわからない
閉店が頭をよぎってもどういう辞め方があるのかも知らないし、辞めた後の自分のことなんて全然見えない。

(開業の夢)実現はしましたけど…ね。

見ていただいた通り、様々な失敗がありました。
そこで、もう1度伝えさせてください。。

「俺みたいにならないでください」

他の人の意見を軽んじていたことが最大の失敗原因

私の最大の失敗要因は、人の意見を聞き入れなかった
このことに尽きます。

『自分』の主張ばかりが強すぎて、他の人の意見を軽んじていた。

親身になってアドバイスをくれる先輩経営者がいて、その言葉に素直に耳を傾けられる心があれば、少なくとも私が犯した失敗の90%は避けられました。

開業前の私、高橋の考え

開業前に私がどんなことを考えていたでしょうか。ご笑納ください。

「自分の理想のお店を作りたい」
(働いている店では自分が気付く改善点がいっぱい)

「自分のやり方の方が喜ばれるに違いない」
(自分から見てこの店のやり方は間違ってる!)

「この程度でお客さんが入るなら、自分でやった方が稼げるに違いない」
(今の自分の給料=評価には満足できない!)

「自分は使われたまま終わる器ではないはずだ」
(自分には一国一城の主が相応しい✨)

「自分の考えが正しいことを証明したい」
(自分の事をみんなにスゴイ!と言われたい)

他にも人それぞれ様々なな想いがあるでしょうが、とりあえず私はこんなことを考えて独立しちゃいました。

まぁ後で気付いたのですが、実はこの時点で私はしくじってたんですよね。

自分本位の考えが失敗の原因

前段でご覧いただいた通り、建前も本音も見事に『自分』だらけですよね?

そんなだから経験者の意見を求めることもろくにしません。
自分がスーパーマンにでもなったつもりで走り続け、開業してしまいました。

そりゃ行く先々で膝をぶつけるわ、穴に落ちるわ、蜘蛛の巣にひっかかるわと、いろんな失敗をするのも当たり前。

素直に教えてもらっていれば避けられたはずの障害物に、肩肘張りながら自ら突っ込んでいたようなものです。

お分かりですよね、私の最大の失敗はこれ。

『自分』の主張ばかりが強すぎて、他の人の意見を軽んじていた。

これさえやらかさなければ、私が犯した失敗の90%は避けられました

親身になってアドバイスをくれる先輩経営者がいて、その言葉に素直に耳を傾けられる心があれば、私と違う結果を手に入れられるはず。

でもプライドが邪魔をして、諸先輩方に素直に教えを請えない人も多いでしょう。
それに周りにアドバイスをもらえるような諸先輩方がいない人もいるでしょう。
そして何を聞くべきなのかすらがそもそも分からない人も多いことでしょう。

かく言う私が、まさにそうでした。

これから開業や独立をお考えのみなさんのために、私自身や私に相談してきた人達のしくじり歴を曝け出します(自分の店以外は匿名ですよ)。失敗を通じて知り得たこれからお伝えする内容は皆さんのお役に立つはずです。

人知れずこっそり読んで、使える内容があればドンドン使ってやってください!

涙あり、笑いあり、感動ありのしくじり列伝、とくとご覧あれ!(もはや開き直ってます)

あ、一応今後のテーマ(仮)もお伝えしておきますね。
こんなことを題材に今後綴っていく予定です。

①時間をただ浪費した、しくじり内覧の日々
②出店を決めた物件との出会い〜そして開業へ〜
③忙しなく過ぎる日々へ
④生兵法集客論の徹底論破
⑤高橋、閉店を考える 〜正しい終活〜
⑥高橋、閉店を考える 〜譲渡と転貸の話〜
⑦飲食店経営を辞めるあなたへ

目次

私の店(居酒屋)が失敗した、たったひとつの理由

当コラムのテーマはズバリ、

「俺(の店)みたいになるな」

このコラムはいわば、これから飲食店を開業される方へのプレゼント。
私の実体験をある種、みなさまの店舗成功への踏み台にしていただくためのもの。
開業~閉店まで、恥も外聞もかなぐり捨ててすべて晒す、リアルな開業(と閉店)コラムをお届けします。

>私の店(居酒屋)が失敗した、たったひとつの理由 の続きを読む

仕事を辞めたのに、開業したい物件が見つからず6カ月経過

何から書こうか、考えたのですが…もう迷うまでもありませんでしたね。
そもそも前職の仕事を辞めるタイミングからしてしくじっていたからです。
まさか物件が見つけられず、半年間無職になろうとは…
今回は、物件探しで起こった数々のしくじりを赤裸々に語らせていただきます。

>仕事を辞めたのに、開業したい物件が見つからず6カ月経過 の続きを読む

なぜ個人の独立開業者が「恵比寿駅徒歩1分物件」に出店できたのか?

前回のコラムでは、効率的な物件探しについてお伝えしました。

参考記事:仕事を辞めたのに、開業したい物件が見つからず6カ月経過

上のコラムにあるように先走って仕事を辞めてしまい、物件探しと家事に勤しむこと半年。
ようやく見つけることができました……

やりたいと思える物件が!!
そして契約を勝ち取れる物件が!!!

長かった。

実に、長かった。

今回は、『最速で物件を紹介してもらえたテクニック』と『出店を即決できた理由』をお話しします。

>なぜ個人の独立開業者が「恵比寿駅徒歩1分物件」に出店できたのか? の続きを読む

ページの先頭へ